医療ビッグデータ」タグアーカイブ

2月27日第17回学術交流講演会「機械学習による医用画像診断支援 ~研究から医療機器に 向けて~」を開催します

第17回学術交流講演会への参加を希望される方は、お名前とご所属、交流会(会費4000円予定)参加の有無を明記の上、info@amec-hyogo.org まで参加申し込みをお願いいたします。
(2月15日(金)締切)

1.日時:2019年2月27日(金) 17:00~18:00
2.場所:じばさんびる 601会議室
      姫路市南駅前町123(JR姫路駅より徒歩2分)
3.講師:名古屋大学大学院情報学研究科/名古屋大学情報基盤センター/
    国立情報学研究所医療ビッグデータ研究センター
    森 健策 先生
4.講演題目:「機械学習による医用画像診断支援~研究から医療機器に向けて~」

5.概要
 本講演では、機械学習を用いた医用画像診断支援について述べる。特に、昭和大学横浜市お北部医療センターと共同で研究を進めた超拡大大腸内視鏡の診断支援システムに触れながら、今後の知的な医療機器の在り方について医用画像理解の立場から触れたい。機械学習による医用画像認識理解の基礎的な技術開発が進み、様々な分野で応用され始めている。今後は実際に臨床分野で利用できる機器開発が重要となる。本講演では、機械学習による医用画像認識に関するトレンドを紹介するとともに、内視鏡画像、CT画像などの認識理解手法について例示する。超拡大大腸内視鏡画像からのポリープフレーム自動検出、病理類型分類診断支援などを紹介する。機械学習を利用する上で重要となるデータについても触れ、臨床利用可能な機械学習を用いた診断支援機器の在り方について議論したいと考える。